自治振興区区長あいさつ

新年あけましておめでとうございます。区民の皆さまには、日頃より本区の諸活動・各自治会活動にご参加ご協力をいただき大変ありがとうございます。
 昨年計画していた本区の事業は、関連事業の「敬老祝賀会」が大雨警報発令でやむなく中止、役員の「先進地視察研修」は、山口県大島大橋への貨物船衝突事故のため中止した以外は、盛会裡に終えることが出来ました。しかしながら、大阪・北海道の地震や、地球温暖化に起因するのか、夏の「命に危険がある暑さ」が続いた猛暑・豪雨災害や台風など、自然災害の多発した年でした。中でも、数十年に一度と言われる西日本豪雨は、近隣の各地に多数の死者と家屋損壊の被害をもたらしました。

本区の中では大きな被災報告は受けていませんが、避難勧告・指示発令により、5度の避難所開設もありました。ご親族など被災された皆さまには、心からお見舞い申し上げ、一日も早い復旧・復興を願っております。
新年を迎え、これまでに取り組んできた数々の重点事業はもとより、熱望していた「振興センター建設・改修」計画の進展を注視し、又、本部・各自治会自主防災会を通じて防災・減災への取り組みに力を注ぎたいと思っています。引き続き区民の皆さまのご理解ご協力をお願い申し上げます。今年が皆さまにとって穏やかで幸多い年になりますよう祈念して新年のご挨拶といたします。

平成31年1月20日 増田 敏明