令和3年度の行事について

 

  今年度も新型コロナウイルス感染拡大の為、計画していました振興区の次の事業が中止になりました。

 

 令和3年 5月18日(火) 庄原自治振興区通常総会

              (書面決議)

 令和3年 6月  6日(日)    第14回グラウンドゴルフ大会

 

今後予定の行事は次のとおりです。

  

 令和3年  10月16日(土) 第15回区民ウォーキングの集い

 令和3年  11月  7日(日) 第14回活動報告・作品展

 令和3年  11月23日(火・祝) 第14回のろし祭り

 

 

 



より安全で安心して暮らせる協働のまちづくりを目指して

自治振興区とは

庄原自治振興区とは


自治振興区は、区域内にある自治会や行政区など、一定の地域に生活する人が参加し、良好な地域社会の維持や発展を目的とした組織です。

当庄原自治振興区を含め、庄原市には22の自治振興区があります。

他の自治振興区の情報は連合会HPよりご確認ください

  庄原自治振興区は、庄原市の中央に位置する、市内最大の規模の自治振興区です!

  • 地域は市街地・市街地近郊の農村地域・純農村地域とバラエティに富んでいる!
  • 振興区を構成している自治会は33自治会!
  • 地域振興計画の評価点検
  • 地域の現状と課題解決に向けて各福祉団体との連携強化
  •  福祉団体連携会議の取り組みの強化        「さりげない見守り活動」の実践 「いのちのバトン」の取組みをします
  • 自主防災本部と各自主防災組織の取組み

   自主防災組織100%の結成の推進

   活動の具体化

     

     庄原自治振興センター          (庄原市民会館と隣設)



令和2年度開催行事

昨年に続き、エコストーブ教室開催!

 

 講師に燻家「ぽかぽか」の西山昭憲さん親子を迎え、令和3年2月21日(日)とても暖かな日に、エコストーブ教室を開催しました。

 今回は、女性や家族での参加もありました。

 昼食はエコストーブを実際に使って羽釜でお米を炊き、西山さんの手作りカレーとピザを焼いていただきました。

 エコストーブの使い方も実際に見ることが出来ました。


  新型コロナウイルス感染対策を踏まえた

     『避難所設置訓練』開催!

  

 庄原自治振興区の自主防災本部が令和2年6月26日(金)

災害時、庄原市の第一開設避難所になっている庄原市民会館と庄原自治振興センターで、『避難所設置訓練』を行いました。振興区の役員、支援協力団体、庄原市役所避難所担当職員の計約50名が参加しました。新型コロナウイルスに対応して、受付から誘導の工程チェック、居住スペースは避難者一人一人のスペースを確認をしながら、間仕切り、簡易ベッドの組み立てを行いました。会場設置後には仮の避難者受け入れ実地訓練を行いました。新型コロナウイルス感染対策という大きな課題の中、保健師等専門分野からの指摘で見直す部分もありました。災害時に備えた対応について再確認できた訓練となりました。

 

子供将棋教室 「将棋大会」開催!

 

 講師に亀山紀林さんを迎え、令和2年9月から月2回開催してきました。最終回の2月27日(土)は、経験者と初心者の15名が大会に参加しました。いつもの教室と違い、真剣勝負が繰り広げられ、勝負に敗れ涙する子供もいて意欲が伝わってきました。講師から、「これからも将棋とのつながりを日々忘れず、友達の輪を広げてほしい」と講評がありました。





『物作り教室』

今年度は、コロナウイルス感染拡大の影響で振興区の行事がほとんど中止になりました。

そんな中、コロナウイルス感染症対策を取り、小学生児童を対象に、二つの教室を開きました。

 

☆アイロンビーズでキョロやまくんを作ろう

 講師:香面堂 (田村かをりさん)

 

☆四つあみミサンガを作ろう

 講師:kuraraおばさん (倉岡聖子さん)